むし歯の症状

むし歯は歯科の二大疾患の1つといわれています。もう1つは歯周病だそうです。

むし歯とはう蝕(うしょく)した歯のことです。どのようにむし歯になっていくのでしょうか。まず、むし歯菌が歯の表面に付着しているところに糖質がつくと、プラークが出来ます。プラークは粘着物なのですが、歯磨きをしていない状態で歯の表面を楊枝などで書き落とすと目で確認出来ます。

このプラークが酸を生みだし、硬く石灰化していた歯を溶かしていくのです。これを脱灰といいます。歯の表面では、脱灰と再石灰化が常に起こっているのだそうです。再石灰化とはプラークから出た酸を唾液に含まれている成分によって、歯を修復する現象のことです。再石灰化が勝てばむし歯にはなりませんが、脱灰が勝てばむし歯になってしまいます。そして、むし歯になってしまうと再石灰化で治ることはないそうです。

むし歯は歯の表面から始まります。歯の一番外側はエナメル質で覆われています。この部分からう蝕されていきますが、この時点では無痛の方が多いと思います。また、この段階では再石灰化により歯が修復される可能性もあるそうです。

う蝕がエナメル質の内側にある象牙質に達すること、神経(歯随)と繋がっているので歯痛を感じるようです。冷たいものを食べるとしみたり、強く噛むと歯が痛むなどが症状として出てくるでしょう。

その後、う蝕は内部へ進んでいきます。神経に炎症を起こさせ、睡眠中でもひどい痛みを感じることもあるでしょう。この状態をさらに放置する、この段階になってしまうと、痛みはなくなるそうです。それは、治まったのではなく、神経が死んでしまった状態だそうですよ。