むし歯の治療費

痛くなってから歯医者に行く、という感覚を持っている日本人の方は多いと思います。熱を出してから、内科などに行く。そんな感覚と一緒なのかもしれませんが、その原因の1つは保険制度にあるのではないかという話があります。

日本でも保険のきかない歯科治療法は多くありますが、アメリカでは保険が全くきかないそうです。そのため、予防にお金をかけるのだそうです。

中には、保険の点数を稼ぐために質より量と考えてしまい治療説明が十分でなかったり、通院回数を増やす歯医者もいるそうです。痛くなってからの通院は意外とお金がかかるものです。むし歯の初期段階C1では保険内治療だと約1,000~3,000円程度だといわれています。

次の段階C2では、約1万円未満程度、さらに進んだC3では根管治療など大掛かりな治療が必要な場合がありますので、トータルで約1,5万円かかる場合もあるそうです。C4ではC3の倍の3万円もかかるところもあるそうです。保険外の治療法になると、金額のケタもかわります。高いところでは、50万円以上もするケースもあるそうです。

治療費は一概にはいえません。金額を述べましたが、おおよその目安と思っていただけると幸いです。保険外治療では尚更です。それぞれの医院で異なりますので、保険外を望まれる際には、料金をしっかり確認した方が良いでしょう。

ただ、むし歯は大きければ大きいほど治療費がかさむようです。歯を維持するための詰めものや被せものが必要となったり、根管治療など大変な作業となってくるからだと思います。治療費も精神的負担もむし歯になってからではデメリットな事が多いですよね。それならば、セルフケアを心がけ、少し面倒でも半年に1回定期検診に行かれる方が良いのではないでしょうか。