子供のむし歯の予防と治療

むし歯は菌が糖分を歯垢に変え、それを放っておくとむし歯になっていきますが、子供はむし歯に対する抵抗力が弱く、歯を元に戻そうとする石灰化の力も弱いのです。つまり、むし歯になりやすいのです。むし歯は早期発見、早期治療が子供の場合でも大切です。

そこで大切なのは、予防です。まず、だらだらとおやつを食べるのは良くないことでしょう。時間や量を決めて、子供にあげるよう心がけてください。これで親も口の中を汚す回数を把握しやすくなります。ジュースも糖分が多いです。出来るだけ、お水やお茶が良いと思います。

また、歯磨きが子供においても最も有効な予防法といわれています。幼児の歯の定期検診は、2歳半頃に予定されていますが、その時期を待たずとも気になったら歯医者に行っても良いと思います。正しい、磨き方を指導してくれますよ。

またフッ素を塗布していただいたり、あらかじめ、むし歯になりやすい奥歯の溝をプラスチックで埋めてしまうシーラントと呼ばれる予防法もあります。

進行してしまった大きなむし歯は、大人と同じような治療をします。治療に歯が耐えれそうな年齢であれば削って詰め物をしたり、神経の治療も行ったりします。幼い時の痛みを伴う治療は通院も大変です。子供に合わせてゆっくり治療を進めてくれるところもありますので、子供に慣れている医院を検討すると良いかもしれません。

口の中には常時菌がいます。その中には、むし歯菌もあります。しかし、生まれたての赤ちゃんにはむし歯菌はいないそうです。お母さんからの口からご飯をもらったり、同じスプーンを使用したり、何らかの接触によって移ってしまうそうです。なので、歯が生えればむし歯に気をつけなくてくださいね。