根幹治療とは

根幹治療とは、被せ物などの土台になる根の治療です。むし歯に感染してしまった神経の通る管(根管)の神経を徹底的に取り除き、中をキレイにし、根の先まで薬を入れる治療のことです。リーマーやファイルと呼ばれる細い針のような器具が使われます。

根幹治療は誤字で、「根管」治療と書くのが正しいという話もあります。

将来にわたり、自分の歯を残すということが大切だといわれていますが、その歯を残すためにも「根幹治療」は、最も大切な処置のようです。しかし、この治療はかなり難しいのだと、多くの歯科医が話しています。(アメリカには専門医もいるそうですよ。)

その理由としては、根元は直接見ることができず、形も人それぞれ。そのため、完全に細菌を取り除くことが非常に困難な作業になるようです。しかも“完全に”細菌を取り除くことが大事で、もし細菌を取り残した状態で詰め物をしたり、かぶせ物などをしてしまうと、その中で細菌が増殖して病状の悪化など、さらに問題になってしまう場合があるようです。

そうなってしまった場合の多くは、前に治療した詰め物やかぶせ物などは作り直しとなり、最悪の場合は抜歯となってしまうこともあるそうです。

根の複雑な形を手探りで作業するということが治療の困難さの原因でしたが、最近ではCTやマイクロスコープなどの最新機器を持っている歯科医院もあります。その最新機器は根を直接見ることが出来、作業も確実性が高まるとされています。

ただ、何年後かに自覚症状はなくても根元に膿がたまることもあるようです。これはレントゲンで確認出来るようなので、治療を受けた方は定期的に歯科医院に診ていただく方が良いかもしれません。