むし歯の治療方法

むし歯は主に奥歯で起こるといわれますが、前歯でもむし歯になります。どこの歯でも治療方法は同じようです。また、その治療方法は進行具合によって変わってくるそうです。

■C0の治療方法
まだ歯に穴は空いていません。この段階では、自然治癒の歯の再石灰化も期待出来ます。適切な歯磨きをすることが一番大切でしょうが、定期的に歯科医院で診ていただくことも重要だと思います。
■C1の治療方法
むし歯の初期段階で自覚症状もないですが、削る必要があるようです。しかし、この段階では身体的に軽い負担で済むでしょう。削り終わったら、その部分をレジンと呼ばれる歯の色をした樹脂か金属を詰めて終わりになると思います。
■C2の治療方法
むし歯が神経と繋がっている象牙質に達していますので、麻酔が必要な場合もあるようです。むし歯部分を削ったら、深かった場合、歯随を保護するための薬を詰めます。その後、歯の形を整え、詰め物を入れます。むし歯が広範囲の場合は、クラウンと呼ばれるかぶせものを使用することもあるでしょう。クラウンの場合は、作成するのに日数を要します。通院も複数回を要するでしょう。
■C3の治療方法
歯随までむし歯が進んだ状態です。新たな菌の進入や更なる感染を防ぐために神経を抜くこともあります。歯随を抜く場合は、抜きやすいように穴を広げて削る必要があるそうです。大体が金属歯を作って、被せる治療となると思います。この状態での治療は何度も消毒したりすることを要するようなので、初期段階と比べて長い通院となるでしょう。
■C4の治療方法
歯が崩壊した状態となりますので、治療というよりも抜歯となるでしょう。