歯科衛生士とは

歯医者さんで治療をしていただくと、歯科医師の横に歯科医師をサポートをしている方がいると思います。この方が歯科衛生士です。
歯科衛生士法という法律により定められていますが、専門学校や短期大学など歯科専門の学校を2年以上勉強し、国家試験に合格し免許を取得しなければなりません。

仕事内容をざっくりまとめると、口の健康を守ることです。歯科医師と同じように思えますが、歯科医師は「治療」がメインです。歯科衛生士は「予防処置」専門となります。
歯科医師は虫歯を治すために歯を削れますが、歯科衛生士は出来ません。これは、法律で定められています。

業務内容の幅は広いようです。歯の専門的なことを勉強し、歯の治療の手順を理解しているので、歯科医師の補助が出来ます。歯科医師の指示に従い、歯石や歯垢の除去や歯磨き指導等が行えます。
インプラントという治療が人気を集めてきていますが、これは歯石の除去などのケアが大切なようです。
歯科には、高齢者のための在宅医療もあります。歯科医師と一緒に訪問し、治療に取り組むこともこれからの高齢化社会においては増えるでしょう。
さらに最近では、歯の健康がより見直され、予防に力を注ぐ時代となってきました。これから、ますます歯科衛生士の需要は増えていくのではないでしょうか。

ちなみに、資格を持っている方が歯科衛生士、教育を受けず資格も持っていないのは歯科助手となります。
歯科衛生士は、患者の口の中に手を入れて触れる事を認められていますが、歯科助手は口の中に手を入れることは許されていません。これは法律で決められていることだそうです。