リクルート映像とは

情報が溢れかえる現代社会。人生の行く末を左右する就職活動では、いくらネットで情報検索ができたとしても、確かなものを「感じる」ことが出来るかどうかでその会社にエントリーするかどうかが分かれてきます。資料に目を通していたとしても、一体どこにしようか迷っている段階で「決め手」となるのは、強みとなる「言葉」と、視覚から訴える「社内の雰囲気」が必要となってきます。
いくら生き生きと仕事ができる社風でそれを実感している社員がいたとしても、就職活動をしている人達にそれをアプローチして訴えかける力がなければ、意味がありません。まだどんな仕事に就職しようかと悩んでいる人に対しては、なおさら感情に訴えかける力は必要不可欠となってきます。では、一体どんなアプローチの仕方が必要になってくるのでしょう?
それは視覚、聴覚からダイレクトに伝わる、「映像」の力を借りるのが一番のキーとなってきます。例えば、就職に悩んでいてたくさんの資料を目にしている新卒の就職希望者が、たくさんの情報に翻弄されてしまっている時。説明会に行ってモチベーションの上がる映像を目にしてその会社に魅力を感じ、就職を希望するかもしれませんし、社風も映像の作り方によって様々な角度からアピールすることができるでしょう。専門家の一声や技術でより社風を伝わりやすく魅力的に映像で見せることで、観ている側もまるで映画を観ているように会社に入った場合のシーンを疑似体験が出来ることも強みの一つですし、何より分かりやすく伝わりやすいのが映像を使う上での利点と言えます。
企業の選択理由の中でも、「社風の良さ」を一番に挙げる就職活動者も多く、より映像の力は必要とされているのではないでしょうか。紙媒体からでも訴えかける力はあります。しかし、観る人を後押ししたり、感情にダイレクトに訴えかけるのは、映像の強みといっても過言ではありません。使用している企業も増加しつつあり、これからますます需要が期待されるリクルート映像。これから新入社員を迎えようと準備されている会社様で、もしまだ映像を使われていない方は、ぜひ一度使用を考えてみられてはいかがでしょうか。