歯科医院の治療とは

突然ですが、皆さまは歯に気を遣っていますか?

歯は食べ物を食べたり、発音をする時に使ったりと身体に対して大事な役割を果たしていますが、実は80歳までに歯が“20本”残っている人は2割しかいないそうです。

人間の永久歯の数は上下合わせて28本あります。(親知らずを含めると32本になります。)“20本”という数字は、すでに永久歯の全ての数を満たしていません。日本人の平均寿命は男性が約80歳、女性は約86歳と言われていますが、亡くなるまでに永久歯が全て残っている人はほとんどいないのです。

しかし、最近では高齢者の歯が多く存続していることが調査で判明したそうです。様々な要因が考えられますが、歯科の医術の発達も理由の1つに入るのではないでしょうか。

歯科医院では、虫歯や歯周病の治療だけでなく、見た目の美しさを保つ治療など様々なことが行ってくれます。

【一般歯科】むし歯等の病気の治療を行います。また、歯石の除去や歯磨き指導など病気の予防のケアも行ってくれます。
矯正歯科】歯の噛み合わせの治療を主に行ってくれます。また歯並びの改善も取り組んでくれます。
【審美歯科】歯を白く見せるホワイトニングや色素・歯石を除去するクリーニングなど歯に“美”という観点をプラスした治療を行います。
【小児歯科】小児を専門に治療を行います。

他にも障害者歯科、歯科麻酔科、歯科放射線科、口腔内科などがあります。

永久歯はきちんとケアを行えば、一生使うことが出来るますが、一度でも抜けた歯は生えてきません。サメは何度でも生え変わりますが、人間にそのような機能はありません。そのかわり、義歯によって元来の歯と変わらないように見せることも出来ますし、虫歯を完治させることも出来ます。

歯医者の治療は長くかかるイメージがありますが、一度に複数の治療を施してしまうと(複数の歯の治療の場合)歯の噛み合わせに影響を及ぼす可能性があるそうです。そのため何回かに分けられているみたいです。また最近では日頃からの歯のケアが重視されています。定期的に診ていただくことは永久歯をより長く、より多く残すことに繋がるでしょう。

■ 優良ブックマークやその他おすすめサイト

【大阪・豊中】ゆうバランス

展示場なら御堂筋ホール心斎橋

浮気調査 ガルエージェンシー大阪第一

占いスクールのSOUYA

HOOP

Histoire Online